« これからを生き抜く | トップページ

2018年8月28日 (火)

これからを生き抜く②

昨日の雷、凄かったですね~thunder
突然の雷雨は、いかにも夏waveって感じですが、
空を見ていると、少しずつ秋の空に近づいてきてるようにも見えます
意外とすぐに秋模様となって、早くも長袖の服を慌てて出すようになるかもしれませんね

さて、今日は前回に続いて、これからをどう生きるのがよいのかというヒントの2弾ですが、なかなか一言で的確な翻訳の言葉が見つからずでして
それでも一番近いのが、「誠実」だと思います
この「誠実」という言葉、実に奥が深いと思うのです
英語ではhonestyと訳されることが多いような気がしますが、あちらの方々から伝わってくる感じとしてはearnestのほうが近いかなぁと思います
日本語としては、真面目に、とか、熱心に、といった意味合いを全部含む「誠実」が合っているかなぁと思うのです
そう、これからを生き抜く力、それは
誠実に生きる!
ということ
自分に対しても、他人に対しても、正直に向き合い、心を込めて接するようにする、ということです
嫌な仕事に対しても、嫌いな人に対しても

そうは言ってもねー…(^-^;

言うは易し行うは難し、ですな~

正直に向き合おうとして嫌いな相手に「あなたが嫌いです」と言えばいいのか?というと、それは違いますよね(笑)
無理に好きになろうとしてストレスになってしまったんじゃあ自分を大事にできてないですし

じゃぁどうすればいいの~??

てなりますが

「嫌だからといって排除するわけではなく、自分の尺度で物事を見ていることを認め、どんな人にも仕事にも経験にも存在意義があることを尊重する」
のだそうです

ヨガ哲学にもあるのですが、シャラナーガティ(全託)ということでしょうかねぇ
至極簡単に言えば、すべて神に委ねるということですが(やるべきことをしっかりやってという前提があります)、これは全てのことに神を見出だすということでもありますから、上記のマーリーンの言っていることと同じような気がします

うーん、哲学って難しいcatface
けど面白い!
私は好きなんですけどね哲学(笑)
なんにせよ、考えてるだけでは前へ進めん
実行が大事ですね!

でも…
言うは易し行うは難し、じゃーん、やっぱ~(゚ー゚;

でもね
いいんですよ

にんげんだもの
(え?相田みつを?笑)

とりあえず、一生懸命生きてみましょう
と、いうわけで

これからを生き抜く力
②誠実に生きる!

« これからを生き抜く | トップページ